三河屋釣具店・釣果報告

毎週水曜日午後10時ごろに更新してます

2018・09・18 カワハギ釣り。

9月18日(火) カワハギ釣り。師崎港・石川丸さんにて。

今回は、お客さんの西田さんと高間くんと師崎のカワハギ釣りです!
今年はちょっとカワハギが多い感じです。

4時45分に船宿さんに到着。
釣り座をキープしようと船へ向かうと、左舷は誰もいない。
ん??
とりあえず、右舷ミヨシ2番から3人取りました。
僕、西田さん、高間くんの並びです。
どうも左舷は貸し切りで、船長に聞いたらDAIWAさんのロケだそうです。
あー、前にちょっと聞いていたけど今日なんだねーー。

受付していると薄暗いなかから、DAIWAテスターの泰成くんと
DAIWAの西村くんが声を掛けてくれます。
「おお、久しぶりですねーー。元気してましたか??」
「今日は、左舷でガチャガチャうるさいですけどよろしくお願いします。」と。
「いえいえ、どうぞよろしくお願いします。」

DSC02625.jpg 

英船長から今の状況を聞きます。
師崎前だと思っていたけど、福江沖でコッパが出てる。
それも浅い場所にいる。
フグもいる。
ざっくりこんな感じです。

DSC02623.jpg 

DSC02624.jpg 

福江沖へ20分で到着。
さっそく、投入で、即、着底!!
浅っ!!!
3m?4m?浅いとは聞いていたけどこんなに?!
で、即アタリでそく掛けます。
ミニコモンフグ。
そこからミニコモンフグ、ミニミニコモンフグの連発。
掛けても掛けても掛けてもミニミニ軍団(笑
どうするーー??
ゼロテンでやっていたけど、そーっと、ゼロプラスで待っていると、
勝手に・・・本命。えー、このパターン??
でも続かず、ミニミニ軍団を掛けてはリリースを繰り返す。

DSC02626.jpg 

もう、こんなんで撮影が成立するのか?と心配していたら、
英船長が泰成くんがもう5枚、それも説明しながら掛けてるぞ!と。
うーん、どうしましょうか(笑

IMG_4050.jpg 

IMG_4051.jpg 

フグに混じっているカワハギは厄介ですよ。
でも、カワハギのアタリは素直な印象。

ギリ宙で誘ってみると、チリチリ、ミリミリと手感で感じます。
誘い続けていると、少し大きなトンっみたいなアタリであわせると本命でした。
おお、今日はこのパターンか?
食いも浅くて2枚連荘でバラシつつもアタリが出る事が良い傾向です。
浅い中でも、高低差は70cmぐらいあり、ゴツゴツした漁礁の中間位置に
今日はいるような印象でした。
そこからポツポツ拾えるようになってツ抜けリーチ。
でも、西田さん、高間くんは2~3枚で苦しんでます。

少し移動して水深7m、ここも根掛かりがひどいというアナウンス。
ここで高間くんが根掛かり連発にめげずに叩いてゼロ叩いてゼロ。
魔法の板を付けて叩いてゼロで連発。
「康一さん、タタキですよ!!」
というので、イチコロイタを付けて、
「高間くん、本当のタタキを見せてあげるよ!!!」(冗談で
上下のタタキセットを5回、6回、ゼロで待つ。
で、トントンと手感が来たので、サッとあわせると、あらカワハギちゃん(笑

IMG_4047.jpg 

まあ、たまたま、うまく手が合って、タタキで一人連発。
ダブルも2回あって、
「高間くん、これが本当のタタキと言うものだよ!しっかり見たかね??」(笑笑

泰成くんの撮影も順調に進んているようでなによりです。
ちょっと休憩しなら近況を話して、元気づけてもらい助かりました。
しばらくずっとバタバタモヤモヤでイマイチでしたので、
みんなで釣行出来て秋の青空のような気分でスッキリ。

IMG_4048.jpg 

IMG_4049.jpg 

アタリも遠くなって、英船長が師崎前に行こうと思うけどと言うので、
いいんじゃないの、ちょっとは魚いると思うよね。と。

師崎前もフグとベラに悩まされつつもポツポツ拾う感じです。
流れが強くなってからカワハギのいる場所がハッキリします。
アタリがないので根掛かり覚悟でキャストで何枚か取れました。
終了10分前に2回目のオモリロストで片付けに。

DSC02629.jpg 

DSC02631.jpg 

結果26枚(1枚リリース)。西田さん、高間くんはツ抜け出来ず。
泰成くんは30枚ぐらい、西村くんは20枚ぐらいと聞きました。
撮影しながらの釣果、すごいな(笑
でも、今回は難しかった。ほとんどの方が苦しんでました。
船中でツ抜け出来たのは3人だけぞ!と中乗りさんが言ってました。
本当にミニミニ軍団には参りましたけど(笑

DSC02632.jpg 

久々に楽しかった。皆さま、ありがとうございました。


  1. 2018/09/19(水) 22:51:11|
  2. 未分類

2018・09・03 カワハギ釣り。

9月3日(月) カワハギ釣り。師崎港・石川丸さんにて。

大型台風21号が接近で火曜日は近畿地方に上陸予想でした。
前日の月曜日は、ウネリ予報でしたが、師崎港前のコッパカワハギ釣りなので
そんなに影響が出ないと判断して釣行しましたー。

朝、車を出してすぐに西の空に稲妻。
速攻でUターンしてレインを持ちに帰りました。

蒲郡辺りから雨が強くなって、西尾~知多半島は土砂降り。
うーーん、予想外の豪雨。
途中何か所で10cmぐらい冠水するぐらいの雨。。。

でも、師崎港に到着すると雨も止んでちょっと空は明るい。
雨雲レーダーを調べると豪雨との紙一重。
ラッキーだなと思っても、出港時にはポツポツ雨が。

今年の師崎港のコッパカワハギ、約1か月早い感じです。
前情報では、エサをメチャ取りますよーー。とのこと。

DSC02619.jpg 

さあ、釣り開始の6時からしばらくして、
ジャーーーーと豪雨・・・。
ロッドに雨があたりまくって、何が何だか(笑

9人乗船で、まともにカワハギ釣りをしているのは僕と隣のユタカくんだけ?
2人でポツポツ拾う感じ。
豪雨も1時間ほどで上がって、空は一転青空に。

DSC02620.jpg 

で、魚の方は、どうも事前情報とは違う。
エサは取るけど、猛烈ではない。
本命のカワハギのアタリは素直で触れば掛かってくれる感じでした。
他の小さいエサ取りの方が難しい。

DSC02621.jpg 

8時ごろでもツ抜け出来なかったので今日は20枚がいい所かなー、と予想します。
海をよく見ると、濁ってます。
時間が経つにつれてさらに。

前半、中盤と僕が1~2枚リードする感じでしたが、
後半ユタカくんがコッパ、僕、ベラ。
3連荘で僕ベラ連発。

水深7~10m、豪雨だった影響を受けやすい。
釣れてくるコッパは、全体的に白っぽい粘液で覆われてます。
活性が良いヤツと悪いヤツの差がある感じでした。

基本、誘い下げからのゼロテンちょいマイナスでやってましたが、
結果ちょっと不正解でしたね・・・。
ステファーノ180で手感度の釣りでした。
次回はステファーノ攻SS175でゼロテンプラス中心でやってみたいと思います。

DSC02622.jpg 

結果19枚、ユタカくんはトップで23枚。。。完敗でしたねーー。
思っていたより全然忙しくなくて、拍子抜けでした。
水潮が入って、さらに濁って、活性が悪かったのかな。
台風直前で釣りが出来ただけでもラッキーでしたね!!
こんなに早くコッパがいるってことは今年は魚が多いのかな??
楽しみですね!!

  1. 2018/09/05(水) 22:10:24|
  2. カワハギ釣り

2018・08・06 カワハギ釣り。

8月6日(月) カワハギ釣り。師崎港・七福丸さんにて。

台風13号が水曜日ぐらいに影響が出てくると言う事で、雑務を火曜日に
後回しにして、月曜日にカワハギ釣りをやっている七福丸さんに行ってきました。

IMG_3972.jpg 

今年も、魚が少ないようで、前日の日曜日もみなさん苦労したようで・・・。
柄谷船長と女将さんにあいさつをして、釣り座は一番最後なので左舷胴。
女将さんも魚が少ないので今日は止めにしたかったけど、8人もあつまって(笑

IMG_3975.jpg 

ポイントはいつもの伊良湖沖・瀬木寄席。
早速、投入するけど、一向にアタリが無い。
ベラやトラギスはポツポツ掛かりますけど。

IMG_3978.jpg 

同じ事をやり続ける事が最大の近道なんでけども、我慢できないーー。
投げて、横を探ってみたり、宙をいろいろ確認してみたり・・・。
エサ取りに翻弄されても根気よく仕掛けを入れている方にポツリと。

IMG_3977.jpg 

IMG_3979.jpg 

もう、全然リズムに乗れず・・・
撃沈。まだまだですねーー。

IMG_3980.jpg 

IMG_3981.jpg 

今回は初物が出ました@@)
アタリが出たのに、重いだけ、タコか??
水面に石?水面にでバシャバシャしたけど外れない。
チっ、恥ずかしい。あのアタリは幻か??
ん? あ? 空のほら貝か・・。
外そうとしたら、デッカイハサミが出てきて、ビビりました(笑
初のやどかりでした(笑

IMG_3982.jpg 

結果4枚。トップは8枚、次が6枚、6枚。
両ミヨシ6枚、トモ8枚、カドの皆さんでした。
エサもあまり使わず、200も使ってない感じでした。
お疲れ様でした・・・。


新ステファーノ 予約受付中!!
締切は8月20日ぐらいまで!

シマノ ステファーノ リミテッド 175
 http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5499
まー、スゴイロッドですよ。
軽い!!
短カーボンソリッドトップで高感度と軽量化。

シマノ ステファーノ攻 H177SP
 http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5508
スナイパー釣法で有名な鈴木孝さん監修のスゴイロッドです!!
竿尻までカーボンモノコック仕様。
横感度、半端ないって!!(笑

うーん、どっち、どっちどっち??迷う?!
まあ、2本とも予約してもいいですけどね(笑

お待ちしてます!!

  1. 2018/08/08(水) 19:17:00|
  2. 未分類

2018・07.31 カワハギ釣り。

7月31日(火) カワハギ釣り。師崎港・石川丸さんにて。

しばらくぶりの釣りでした。
ずっとバタバタというかゴロゴロというか。
いろいろと、ご心配をおけかしたと思います。
たくさんのお気持ち、ありがとうございました。
以前のペースとはいきませんが、ぼちぼち釣りに行こうと思ってます。




8月近くとなり、恒例の夏カワハギが開幕したので石川丸さんに行ってきました。
同じ、師崎港の七福丸さんも夏カワハギ釣りをやってますね。

DSC02601.jpg 

5時半出港なので5時までに受付します。
しばらくぶりの女将さんや英船長にあいさつ。

ポイントは伊良湖沖の瀬木寄席。
水深25m前後の粒根や小石、砂地といった感じです。
魚は夏カワハギとあって22~25cmの良型が多いようです。
ただ、固まってない。

s_IMG_3926.jpg 

5時20分岸払い、5時30分一斉出船。
40分ほどで瀬木寄席ポイント到着。

水深25m前後。久しぶりのアサリ付け。
仕掛けは下から10cm、10cm、10cm、10cm、30cmの4点。
針は下から3点に付けます。上の4点目はもしもの奥の手的な(笑
針は、良型の単発で、前日は食いが浅いせいかよくバレたそうなので、
吸わせ力7号10cm。サブで吸わせ7.5号10cmと7号6cm。

ロッド スーパーオールランダー・ステファーノ180。
    フワフワ目感度・ステファーノ攻SS175。
リール ステファーノ101XG、PE1号。
    スティーレ101PG、PE1号。 

開始1時間、まわりではポツポツ掛かるのですが、僕は一向にアタリがない。
多い方は1~4枚持ってます。
平日なので5人。左舷3人、右舷2人。
僕は左舷のトモに入ってます。

DSC02603.jpg 

1枚目が出たのは7時過ぎ。1時間ぐらいかかりました。
8時ぐらいには潮が止まってしまい、ベラ、トラギスのアタリも遠くなった。
ここまで3枚で左舷はみんな3枚ぐらい。
結構真剣にやって3枚。
単発アタリです。

右舷はどうかな?と聞きにいくと7枚。
ちょっと驚きました(笑

うーん、ぜんぜんパターンがわかりません。
たたいてもイマイチ。
キャストしてもイマイチ。

小型のシュモクザメが水面をウロウロしていたので、
竿先で水面をバシャバシャと音を立て、寄ってくるのかな?
チっ、寄ってこないね・・・・。
で、ラインを張ったら、カワハギが掛かってました(笑
ええーー@@

DSC02609.jpg 

ここはやっぱり基本に忠実に誘い下げからの宙待ち。
タルマセ、ハワセ。
順番に順番にですね。

DSC02617.jpg 

結果としては、1~4枚同じパターンで来たけど、誘いが正解だったから?
ちょっと半信半疑。
やっぱり、居ればアタリが出る!っていう印象かなー。
アタリが出なければ居ない!居るはずがない!絶対居ない!(言い訳)

s_IMG_3949.jpg 

同船者の方々に先行されてましたが、最後に追いついた、という感じで
14枚で終了。もう一人同じ14枚、次が13枚といった感じです。
良型多く、アタリは素直で、へんな食いはなかったと感じました。
でも、もっとアタリを出さないとダメだなーと。
夏は辛抱強くひとつの事をやり続けても、
色々こねくり回しも同じような枚数という意見もあります(汗

針も今日のエース針と決め込んだ吸わせ力7号10cmが不発・・・。
サブの吸わせ7.5号10cmと吸わせ7号6cmが良かったです。

後半、潮が速く、台風の残りでずっと変な東風とウネリ。
しかし、風は適度に心地よく、焦げるような暑さではなったので良かった。

DSC02612.jpg 

大きな入道雲を眺めて、「早いもので、もう夏なんだなー」と。
久しぶりの釣り、それもカワハギ釣りで楽しかったです。

  1. 2018/08/01(水) 16:56:00|
  2. 未分類

お知らせ

お知らせ。

釣りに出かけるのに、いい季節になってきましたね。




この釣果報告ブログですが

しばらくの間、おやすみとなります。

よろしくお願いします。


  1. 2018/05/08(火) 15:51:00|
  2. 未分類

# 2018・04・03 アジ釣り。

4月3日(火) アジ釣り。伊良湖港・岡安丸(神島)さんにて。

早いもので、もう4月なんですねー。
今回は、中田さんと神島の岡安丸さんでデカアジ釣り!!

今回も、凪予報、絶好の釣り日和。

伊良湖港6時集合、集まり次第出港。
定員10人でしたが、満船でした。
知っているお客さんも数名いらっしゃいました。

DSC02584.jpg 

DSC02585.jpg 

釣り座は3番クジで、右舷左舷ともにトモは取られ、右舷か左舷か
迷いましたが、右舷にミヨシ1番、2番。
ジャンケンで中田さんがミヨシ、僕が2番。

6時ごろにすぐに出港で1時間ほどかかって石鏡沖ポイントへ。

7時ごろに釣りスタート。
水深45m前後。海底には低い漁礁が入っているそうです。

釣り開始すぐにアタリ。
今回は電動リール(笑
古い電動リールですので、もうそろそろ新しいリールに更新したいのですが、
年に数回しか使わないので、伸ばし伸ばしになってますが、来年こそ!
今なら、電動リールなのに超軽いフォースマスター400がいいと思ってます。
重さ、385gは魅力です。

最初のアジとしてはまずまずの良型を思わせるいい引きです。
慎重に、上げてくるけど・・・。
あ?赤いけど・・・30cmぐらいのチダイ。
中田さんはいきなりの40cm級のデカアジ!!
いいなーーー。それも連発して桶に40cm級が2尾も泳いでいる!
僕は小アジ2尾。。。

ここ、岡安丸さんのコマセはちょっと大き目のシラスを刻んでます。
いかにも釣れそうなコマセです(笑

DSC02591.jpg 

アジ釣りは、簡単なようで少し難しい。
もちろん、釣り座の良し悪しはあります。
右舷は5人で皆さんうちのお客さんだったので、釣れた棚などを情報交換。
底から3m~5m。棚が合うと同時にアタリが出るもの何度かありました。
やっぱり、棚がキモです!!
仕掛けはこの専用「伊勢湾アジ」

DSC02589.jpg 

ポツポツ拾うパターンが多くて、なかなか波に乗れない時間が続きます。
朝から、潮が不安定で、船の座りも悪く、魚も落ち着きがなくあっちこっちと
動きまくって、船長がアンカーを頻繁に微調整してます。

どうやってポツポツ拾うか・・・。
天秤、3本スキンフカセ釣りですが、仕掛けを立てたほうがいいのか、
横の方がいいのか、じんわりと動かしたほうがいいのか・・・。
本当にそうなっているかは別として、イメージするのが大事だと思います。

釣り座は3番クジでしたが、結果的には右舷はアタリ釣り座でした。
オマツリも少なくてよかったです。

後半、中田さんに大きな引き。
これは、また、先週の黒鯛だ!と予想します。
ハリス2.5号なので慎重に慎重に。
水面に見えたのはやっぱり鯛。しかも赤いヤツ。
推定60cm弱はある良型真鯛!!
すごいですね。

14時30分に終了のアナウンス。
僕は15分前から魚を絞めたりで帰り支度。

DSC02595.jpg 

DSC02596.jpg 

結果18尾(デカアジ3尾)。中田さんは15尾。
船中の皆さんも同じような数だと思います。
左舷もお客さんに聞いたら、上潮の向きが悪くて釣り辛かったようです。

6時から14時半と満喫したアジ釣りでした。
天気も良く、海も凪ぎ。
ただ、ヒノキ花粉が凄くて大変でした。

デカアジ、今がチャンスです!!


タックル
ライトゲームSSモデラート64M235
電動丸1000ヤリSP
PE タナトル8 2号
Vホルダー
探見丸CV-FISH


  1. 2018/04/04(水) 22:29:48|
  2. アジ釣り

2018・03.27 アジ釣り。

3月27日(火) アジ釣り。伊良湖港・秀進丸さん(菅島)にて。

石鏡沖で春の大アジが釣れはじめたというので中田さんと早速行ってきました!
はやめに予約を取ったのが正解で、当日は定員10人オーバー?11人でした。

今回は、64調子の軟らかいロッドと手巻きリールの組み合わせ。
船長に「今時、電動リールを使わないなんていないぞ」と。

水深45m前後なので、手巻きで丁寧にバラシ無しにするぞ!

朝、釣り座のクジ引きで最後の最後となり、右舷2番、3番。
ジャンケンの末、中田さんが胴の間の3番、僕が2番。

石鏡沖まで約1時間ほど走ります。

約1年ぶりのアジ釣り。
うまく手が動いてくれるといいのですが。
釣り座に、探見丸CV、Vホルダーをセット。
ロッドは、ライトゲームSSモデラートタイプ64M235。
リールは、適当な手巻きリールが無かったのでオシアジガー1500HG。
ラインは、タナトル8の2号。
天秤仕掛け、ご当地専用3本ミドリスキン、80号オモリ。

DSC02582.jpg 

いつもは、コウナゴミンチをコマセカゴを詰めるのですが、
今年は、コウナゴが手に入りにくいのか、アミエビコマセだそうです。

アンカーが安定して船長から開始の合図。
さすがジガーのスプール性能は違いますね。
一般的な電動リールの仕掛けの落下スピードよりは5秒~6秒は速い!
このアドバンテージをいかして、ウハウハ予定(笑

回りで、パタパタと掛かり、僕にアタリがあってすぐに中田さんもアタリ。
ゆっくり回収つもりですが、水面までアッと言う間。
ちょっとモタモタした隙に、走られて中田さんとオマツリ。
最初からアタフタ・アタフタ(笑
無事、2人とも取り込めて、良型アジををキャッチ!!

さあここからバンバン釣るぞー!と思いますが、バラシ・バラシ・バラシ・・。
波に乗れず、朝のジアイ終了ーー。
バラシ・・・丁寧にやっているつもりですが、結果的にジガーの巻上が速くて、
途中でいなくなったり、取り込み時ちょっと緩んだ時に居なくなっちゃう・・・。

手巻きリールでウハウハ計画破綻(笑
慣れた電動リールがいいですね。

で、ジアイが過ぎてポツーン・・・ポツーンと。
でも、9時ごろには全くアタリがなくなり、あちこち移動してはアタリ無しを繰り返す。
潮が全然動いてる感じがしないですーー。

12時ごろにプチジアイでパタパタ、ポツポツ。

途中、中田さんはアジのほかに、ハタ、そして黒鯛50cm(推定)をキャッチ。
同じ、ライトゲームSSを使っていて、ちょっと引くかなーって感じでしたが、
黒鯛がプカーっと上がって来た時はその大きさに驚きましたよ。
さすが64調子、ショックをよく吸収してました。

結局14時まで延長したのですが、12時半ごろから僕はアタリ無し。
残り20分で、アジを絞めて、帰り支度。
14時前に、疲れ果てた船長の声で、終了のアナンス。
「あかん・・・潮が全然動かん!昨日はポツポツ食ったやけんどなーー」

DSC02583.jpg 

結果、8尾(大アジ2尾)。中田さんは13尾で竿頭でした。
アジ釣りで勝ったことない(苦笑

もう、手巻きリールを持ってこない事でしょう。
やっぱり電動リールに慣れているせいか、キーパーに竿を置いてからの、
1アクション、2アクションが若干もたつきで取れる魚が取れない。
釣れてない時間に、手返しが面倒くさくなるのもマイナスですかねー。
それと最近、左肩が痛くて。
お客さん、皆さん、肩が「痛い痛い」と聞いてましたが、
自分がなってみて、その辛さが理解出来ました。
やる気を削ぐ痛みですね(苦笑

次回はもう少し釣れますように。
アジフライで食べましたが、フアフアで美味しかったです!!
今の、アジ・・・最高ですよ!!

  1. 2018/03/28(水) 19:51:00|
  2. アジ釣り

2018・03・13 フグ釣り。

3月13日(火) フグ釣り。伊良湖港・菅島秀進丸さんにて。

数日前から火曜日は凪予報。
もうそろそろフグ釣りも終了な感じなので、中田さんとフグ釣り。
途中、中根さんも有給をとって一緒に行くことになりました。

前日、船長に出港確認で電話すると
「フグが釣れんかも・・・カワハギ狙いもするかもしれんから
カワハギタックルも持って来てよ」
最初は、冗談かなー?って思ってましたが、どうも本当の様子(笑

急遽、サブでカワハギタックルを準備。
タックルは悩みましたが、ここはオールラウンダーの真ん中
ステファーノ180。
アサリはかなり古い冷凍アサリ。

当日、伊良湖港に5時半に到着。すでに中田さん中根さんもいました。
気温が16度まで上がるというのでちょっと薄着で来たんですが、
朝はまだ寒いですね。4度・・・。寒いです。

6時前に出港、2組で5人です。
釣り座は左舷。ジャンケンでミヨシから僕、中根さん、中田さん。

30分ほどで菅島到着ですが、方向が違う。
新しいポイントか??と期待しましたが、ほかのお客んさん2人が
エサを持ってないという事で、菅島によってアオヤギを持ちに行く・・・。

エサを積んで、菅島を出港。
いつものポイントでアンカーを落とします。
改良した仕掛けに、ロッドは手感度重視で選んだ、ステファーノ攻HH165。
HHHと悩みましたが、HHの方が穂先が少し入るので目感度も期待できる。

期待の一投目、リアランサーカットウと比べ、軽いし操作性もいい。
なにより手感度がやっぱり違います。長さ165cmもいいですね。
だた、仕掛けを置きにいった時は断然、リアランサーの方がよくアタリが見えます。

で、肝心のフグさん達はどうでしょうか・・・。
うーーーん、アタリが無い。
中田さんはすぐに1尾掛けたけど、後が続かない。

中根さんは捨てオモリ式カットウでやってますがアタリがないそうです。
仕方ないの根掛かり覚悟で底ギリを探ります。

船長の予想的中で、アタリが遠い。
何度も細かく移動して探します。
何度かの移動でやっとアタリが出て、中ヒガンをキャッチ。
そして沈黙。
2匹目は1時間以上後でまずまずのヒガンをキャッチ。
そのころ中根さんはボウズ、中田さんは3尾キャッチ。

ああ、海は素晴らしく凪ですけどねーー。
また、誰かさんの特殊スキル発動しちゃったかね(笑
カットウ仕掛けにステファーノ攻HH165が思いのほかよかったので
来シーズンはこれメインで使ってみようかしら。

結局11時まで2尾のままで、船長、フグを諦めてカワハギ釣りに。
沖のポイントを順番にやっていきます。

カワハギタックルにチェンジ。
隣の中根さんは少し前から食わせ釣りに変更していて、そこからポツポツ
ウマ、カサゴ、ベラ、コモン、カワハギと、アタリが出てます。

セオリー通り、揺さぶりながら誘い下げ、誘う下げの速度をその都度変えて、
どの速度で反応するか、全く反応しないか、を確認。
底ギリで何か触ってくるので、仕掛けを止めて待つとタターと持っていく。
まぁ、予想通りのベラさん。みんなもベラを掛けてます。

それでは、ちょっと横方向へやってみましょうか。
それでも、ベラさんがよく反応。
さてどうしたものか。

じゃあ、ハワセてからのイチコロイタによるテンションフォールをためすと
ベラとは違うアタリが出る。しかし、本アタリまでいかない。
回収して、確認するとハリスを切られてます。
フグかな?
針は吸わせ7.5でしたが、ハゲ5.5と吸わせ力8号のコンビに変更。

再度、ハワセからのテンションフォールで「コッ」と手感で来たので
サッとアワセてみたら、ドン・・・ドン・・ダダダと。
こ、これはカワハギさんか?!フグかもしれないのでガジガジやれる前に
強引に巻き上げます。途中、横走りしたので高確率でカワハギだと。
水面に見えてきたのは良型のカワハギでした!
26cmちょっとありました。
久しぶりのカワハギに心躍りました(笑

DSC02569.jpg 

アタリは遠いですが、ポツリポツリと反応がある。
また、誘い下げ、横方向に誘い、ハワセと順番に誘う。
ゼロテンからのテンションフォールで「コツっ」と。
聞き上げてみたら重みがのったのでさらにハンドルを巻いてのアワセ。
また重量感のある引きで、カワハギと確信。
今度はやり取りを楽しみました。
28cmの良型!あー楽しかった。

DSC02573.jpg 

そこから、コモンを2尾追加して、再度カワハギを狙います。
イチコロイタを揺さぶり(強くない)からのプラステンション、ゼロ、
マイナス、テンションフォールを繰り返しで、マイナスでアタリ。
これまた、重量感のある引き。これまたやったか??
海底から少し回収した時に引きの変化。

??引かなくなったけど・・・。ほかの針に絡んだかな?
半分ぐらいで、また穂先を叩くようになって、ああー良く引くなーーと。
で、水面に見えたのは尾っぽにスレ掛かり。
んー、抜けるか?と思いましたが、中根さんがサッとタモでアシストしてくれて
無事キャッチ!!うーーん、これはデカイです。
測ってみるとジャスト「尺・30.3cm」でした!!
約1年ぶりの尺カワハギ、うれしかったです!

DSC02574.jpg 

DSC02578.jpg 

一番上の鈎から外れての一番下のはりにスレ掛かり。
ああ、吸わせ力8号に変えていてよかったー。
それと、久しぶりに使ったステファーノ180もやっぱりいいロッドだと再認識。

その後、26cmチョットのカワハギとコモンを追加して終了となりました。

DSC02579.jpg 

結果、フグ5尾、カワハギ4尾。なかなかの渋さでしたが、良型カワハギで
十分に楽しめました。カワハギ4枚でしたが、かなりの存在感!!(笑
中田さん、中根さんも渋い中お疲れ様でしたね。

船長「もう、今シーズンのフグは終了や!!!」と。
今年のフグは少なかったですね。
来シーズンは増えているといいなー。
フグにしてもカワハギにしても、産卵時期だけもで釣らないよにしないと
いけないかもしれませんね。
旬を外れたらやらないことも必要なのかな??

さて、来週から何釣りをしましょうかね(笑

  1. 2018/03/14(水) 22:54:14|
  2. フグ釣り

2018・02・27 フグ釣り。

2月27日(火) フグ釣り。伊良湖港(菅島)・秀進丸さんにて。

月曜日はいい釣り日和でしたが、用事があって、火曜日に中田さんとフグ釣り。
前回の仕掛けを改良したので試してみたい。と。

火曜日もいい釣り日和予報。
最近の釣果がイマイチであるのか、お客さんは少なめ。
4人で6時出港。
釣り座は、一番クジで左舷ミヨシ。
ジャンケンで負けた方がミヨシルールで僕がミヨシに。

DSC02560.jpg 

40分ほどで菅島沖ポイント到着。
改良自作カットウ仕掛けで仕掛け投入!
・・・アタリが、ない??

しかし、隣で、中田さんがポンポン掛けまくり。
あああww、スタート大コケ!!
仕方ないので食わせ仕掛けで超巻き返し!!
しかし、これも大やけどで全くダメ、ベラが予想外に多い。
ヒイヒイ言いながら4尾の時、隣でバンバン掛けて4倍の16尾~ぐらい。
えーーまだ2時間経ってないないけどーーー。

DSC02561.jpg 

もう食わせ仕掛けでは白旗。
自作カットウ仕掛けで追い上げますが、イマイチアタリが出ない。
なんでなんで??と。
3時間ぐらい経って、もしかして、カットウオモリか??

市販のカットウオモリにチェンジした途端、アタリを感じるようになり、
ポツポツ掛かるようになりました!!
自作でカットウ仕掛け、丸玉30号にタチウオフックでいい感じに出来ましたが、
作っている時、アタリの伝達力は弱いような気がするなー。と。
でも、師崎フグプロさん達は、こんな仕掛けでやっているので大丈夫だろう。と。

まぁー、僕には使いこなせない><
手感度も、目感度も半分以下になる気がしてならない。
ヒガン狙いの根掛かり対策、ローコスト仕様ですかね。。。
どうやってアタリを取ってんでしょうかね。

徐々に手が合ってきてポツポツ。
(釣れている中田さんを手本に真似ていただけすけどね(笑))
しかし、中田さんには追いつけず。。。
参りましたーーー><

DSC02563.jpg 

DSC02562.jpg 

DSC02568.jpg 

結果31尾(リリース4尾)、中田さん43尾!!お見事!
朝一の大コケ、大やけどでどうなることかと思いましたが、
全体的に良型が多くて、まずまずのヒガンも4尾。
お疲れ様でした!!

今日、早速、自作カットウ仕掛け「解体」しました(笑

  1. 2018/02/28(水) 19:50:00|
  2. フグ釣り

2018・02・19 フグ釣り。

2月19日(月) フグ釣り。伊良湖港(三重県菅島)・秀進丸さんにて。

今回は、お客さんの中根さんと伊良湖港から出港して、三重県菅島沖の
カットウフグ釣りです!

この季節は季節風が強く、なかなか出港できない事が多い。
今回もまずまずの凪予報でしたが、チョイ風がある。

中根さんに自慢の愛車で迎えに来てもらって5時半前に伊良湖に到着。
6時になってもまだ薄暗く、寒い。

鳥羽からのお客さんもいて、合計7人で出港。
30分ちょいで菅島沖ポイントへ到着。
アンカーを下ろして早速投入の合図。

探見丸では水深11m~12m。
ゆっくり仕掛けを用意していると、中根さんが早速1尾。
早いなーって、捨てオモリ式のイージーな仕掛け・・・
カットウ魂をとうとう捨てましたね(笑

DSC02555.jpg 

僕が1投目の時には、すでに3尾キャッチでドヤ顔。
釣り座は、中根さんが一番くじを引いたので、左舷ミヨシに中根さん、
2番に僕の並び。

朝一のジアイはちょっとしかなくて、4、5尾掛けてたら、アタリが遠くなった。
魚がどうも少ない印象。
でも、ベタ底でもなく、どちらかと言えば浮いていると感じます。

9時ぐらいでやっとツ抜けしたぐらいで、アタリが遠い。
船長も、何度もちょい移動してアンカーを入れ直す。
アンカー打ち直し直後に釣らないとダメなパターン。
その1尾をことごとく中根さんに取られるパターン。

DSC02557.jpg 

1時間ぐらい掛けれずに、中根さんにダブルスコアぐらい行かれていると
思うぐらいアタリが遠い。

途中、食わせ仕掛けに変えて、付けえさはアサリ。
あわよくば、良型カワハギ狙いで(笑

しかし、速攻で幹糸をかじられて仕掛けロスト。
気を取り直して、しばらくして根掛かりでロスト。
2セットしか持って来てないので、カットウ仕掛けに戻りました。

DSC02558.jpg 

水温が高いせいなのか、ベラの大きなアタリに悩まされる。
ベラ以外にもいる感じです。

12時に、12時20分終了しますと予告のアナウンス。
ちょうどそのころパタパタと掛かりました。
しかし、即アタリが遠くなって時間となりました。

んーー、フグが固まってない?のかなー?
いやらしいアタリは少なくて、わりと素直なアタリが多かったです。
船長も言っていたけど、4本、5本の胴付き仕掛け、甘エビブツ切り、
小さなハリでやったほうが結果的には数が取れると感じました。
しかし、アタリはシビヤになると思います。
ちょっとでも遅れると飲まれて切られます。

DSC02559.jpg 

結果22尾(リリース2尾)。中根さん26尾で竿頭でした。
他の方も、ぱっと見20尾前後じゃないかなぁーと。

久しぶりに釣りが出来て良かったです。
いい気分転換になりました。

オールシーズンのデッキブーツでしたので寒い。
やっぱりサーマルデッキブーツが必要ですね。
途中、足の指が痺れてきましたし。
途中まで曇っていてたせいもあって寒かったーー。



  1. 2018/02/22(木) 22:26:44|
  2. フグ釣り
次のページ